メール配信ではテキストメールもHTMLメールも送れるの?

メールマーケティング

メールマーケティングはメール配信を使って、マーケティングの目的を達成する方法です。ユーザー自らの行動を促すため、様々な手法を凝らすのが一般的です。具体的には最終目標を先ず定めながら、そこから逆算してターゲットとなるユーザー層を設定します。目標達成のために如何なる内容のメールを送るか考慮し、戦略的にメールコンテンツを決定します。コンテンツに応じてテキストメールにしたり、HTMLメールを選択したりすることができます。 メールマーケティングを実施するには、当然見込み客となるユーザーの名前やアドレスが必要になります。こうした個人情報の入手経路は、ユーザー側のなんらかのアクションからもたらされます。Webサイトへの会員登録や問い合わせ、そして名刺交換など様々です。加えてメール配信を行う、ユーザー側の許諾も必要となります。Webサイトの多くは、個人情報と引き換えに資料や特典を提供しています。

HTMLメールの特徴

HTMLメールはWebサイト制作に使う、プログラミング言語によるメールです。テキストメールとは異なり文中の文字を太くしたり、画像や写真を入れ込むことが可能です。それ故読者に対して、沢山の情報をより具体的に伝えることが出来ます。同じ内容のメールであっても、テキストメールとHTMLメールでは、受ける印象が全く異なると言えます。但し、HTMLメールの作成にはHTMLタグの知識が必要になります。加えてテキストメールに比べ、メールのデータ量が大きくなります。

メールマーケティングにHTMLメールを使う際には、受信環境を考慮する必要があります。場合によっては、受信にデータ量を使いたくないユーザーもいるからです。それでもHTMLメールの普及によって、好意的な読者が増えていることは確かです。また、HTMLタグの知識がなくても、HTMLエディタの普及によって誰でも簡単に作れるようになりました。