メール配信サービスで開封やクリック情報は得られる?

開封率を確認するときのポイント

メールマーケティングを成功させるには、開封率やクリック情報を把握しておくことも大事です。配信サービスの基本的な機能として、開封率やクリック情報は簡単に得られます。ユーザーがメールを開いた日時は自動で記録され、レポートに分かりやすくまとめてくれるので便利です。開封率を参考にすることで、メールの内容も見直しやすくなります。数字が高ければ、ユーザーが求めている情報を提供できていると言えるでしょう。数字が低い場合は、ユーザーがあまり興味を持っていないと考えられます。配信日時を変更してみるなど、何らかの対策を行ってみて下さい。メルマガ限定や締切間近といった、注目を集めやすいタイトルにしてみるのも良いでしょう。

クリック情報を確認するときのポイント

開封率と同じように、ユーザーのクリック情報も自動で記録されています。どのリンクが多くクリックされているのか、リアルタイムで確認できるので便利です。測定結果を見るだけで、ユーザーが関心を持っているコンテンツも把握できます。クリック情報を参考にして、人気のコンテンツをランキング形式で紹介するのもおすすめです。ユーザーの目を引くトピックスが簡単に作成できるのはもちろん、クリック率の向上も期待できるでしょう。クリック率が低いコンテンツは早急に見直しを考えなければなりません。性別など属性別に細かく分析することで、ターゲットに適したメール配信が行えるようになります。レポートはこまめにチェックしておきましょう。

メール配信APIは、表計算ソフトなどと連携して、eメールを自動で配信する為のアプリケーションです。表計算ソフトで作った名簿リストのeメールアドレスを利用し、メールを複数の宛先へ同時に送るのに便利です。