メール配信システムで便利な対応端末別配信!!

ユーザーごとに配信可能

メールの配信は相手の端末によって送信内容を区別したいですよね。スマホなら小さな画面の中に必要最低限のイラストやURLを配置したり、ガラケーでは文章メインで構成したり、PCでは写真などたくさんの情報を織り込んだりなどがあります。端末によってメールの内容を使い分けないとガラケーに写真がたくさんついたメールを送信しても、容量オーバーで届かなかったり、画面が見にくくなって内容が伝わらないなど目的を果たしません。ユーザーの端末をデータベース化をすることでそれに応じたメールの内容を簡単に配信する機能があるのです。メール配信サービスによってこの機能の有無や使いやすさや費用が異なるため、見積もりを取って比較検討することがポイントです。

色々な便利な機能の紹介

メール配信サービス会社はそれぞれユニークな機能を持っています。まずは、いかにメールを簡単に作成するかです。マウスのクリックメインで写真やURLを簡単にレイアウトできたり、視聴覚性に優れたレイアウトを多数提供してくれたりなどがあります。次に、送信した後のフォローアップです。確実に送信されたかどうかやメールの開封率やアンケート回答状況などデータベースとして情報提供してくれます。これにより、メールの内容の検討や配信先の変更など、つぎの戦略に役立てることができます。さらに、メールのデータ容量が大きくてもスムーズに送れる機能もありますよ。メール配信サービスではお試しプランや資料請求がありますので機能を比べることがポイントです。

メール配信のサービスは内容や料金を比較し、顧客や取引先との情報交換をスムーズにできるように決めると効果的です。