個人間のメール配信はそれほど手間になりませんが、メルマガを配信したりするとなると手間がかかり人的ミスも多くなります。メール配信サービスを利用すれば手間もかからずミスも減ります。メールマーケティングなどに使えます。

メールマーケティング

顧客にアプローチをするとき、たくさんの顧客に同じように行うと非効率です。メール配信サービスでメールマーケティングを行うと、顧客の絞り込みを効率的に行えます。メールマーケティングの方法を理解しておきましょう。

メール配信におけるステップメールはどんな効果がある?

商品やサービスを提供するビジネスをしているなら、顧客に対してアプローチをするときもあるでしょう。よほど扱っている商品やサービスが良くないと、何もしなくてもお客さんが寄ってくる状態にはなりません。よ…

もっと詳しく

メール配信サービスで開封やクリック情報は得られる?

メールマーケティングを成功させるには、開封率やクリック情報を把握しておくことも大事です。配信サービスの基本的な機能として、開封率やクリック情報は簡単に得られます。ユーザーがメールを開いた日時は自動…

もっと詳しく

メール配信ではテキストメールもHTMLメールも送れるの?

メールマーケティングはメール配信を使って、マーケティングの目的を達成する方法です。ユーザー自らの行動を促すため、様々な手法を凝らすのが一般的です。具体的には最終目標を先ず定めながら、そこから逆算し…

もっと詳しく

必要な機能

メール配信システムで便利な対応端末別配信!!

メール配信を利用するときに知りたい到達率や開封率!!

メール配信の概要とは

メール配信とは何らかのコンテンツや情報をWebメールという形式によって消費者に通知するサービスです。

メール配信をするときに上限は決められているの?

コースによって上限が決められている

ITを使ったマーケティングとしてメールマーケティングがあります。メールを送信して送り先の反応を見たり、ステップメールなどで顧客の絞り込みなどが行えます。メールマーケティングを効率的に行うときに利用したいのがメール配信サービスで、これにより迅速にピンポイントにメールの送信が行えます。気になるのは送り先やメールの件数に上限があるかですが、コースが用意されていてそれぞれのコースに上限が設けられています。無料コースなら千件までは行えるなどです。もっと送りたいなら有料コースを利用します。上限が高くなればその分利用料金もアップするので、配信規模を考えてコースを選ぶと良いでしょう。数百万件送れるコースを用意している業者もあります。

メールアドレスに制限があるが配信は無制限

営業担当者が顧客に営業活動しようとすると、電話にしても直接訪問するにしてもそれなりに限界があります。メールで全く同じ営業ができるわけではありませんが、一度に多くの顧客に情報を提供できるので、情報を提供する効率は良いと言えるかもしれません。自社から直接メールを送っても良いですが、自社のメールサーバーの負担がかかったり、開封情報なども得にくいでしょう。メール配信サービスなら素早く色々な反応情報も得られます。あるメール配信業者では、コースごとにメールアドレスの登録件数が決まっています。メール配信数に関しては無制限なのでいくらでも送れます。メールアドレスの登録件数が無制限になるコースもあるので、上限は気にせず利用できます。